法定相続情報一覧図とはなんですか?

Q:「法定相続情報一覧図」とはなんですか?

A:必要な戸籍等を法務局に提出することで、法務局が相続関係を図の形で証明してくれる制度です。何通でも無料で取得できるほか、相続手続きの煩雑さが軽減されるというメリットがあります。


<コメント>
平成29年(2017年)5月29日から、全国の法務局で開始された法定相続情報証明制度に基づき発行される証明書です。

相続手続きのためには、被相続人の出生から死亡まで、相続人の現在につき、戸籍除籍の謄抄本を集める必要があります。

この書類を1組揃えるのでも費用がかかるほか、相続手続きは同時にたくさんの場所で手続を行う必要が生じますので、複数組準備するとなると、事務も費用も重なってしまいます。

また、戸籍の束を銀行などに提出し、コピーをとってもらって返却してもらうまでには結構な時間がかかり、手続の時間も長くなりがちです。


この点、法務局に1組分の戸籍等必要書類を提出して手続をとると、「法定相続情報一覧図」という図の形で相続関係を証明してもらるようになります。

この証明書は何通取得しても無料ですので、例えば、3通取得しておけば、3つの銀行に同時に相続関係書類を提出することが可能になりますし、手続の時間も短縮されます。


相続が開始した際には、登記手続きと併せてご相談ください。