相続登記のご相談のためにご準備いただくもの

相続登記に必要となる費用や具体的に必要となる書類は、各ケースによって異なりますので、それらを検討するためにも、以下のような書類をご準備いただくと、回答しやすくなります。

以下のようなものを、ご準備いただける範囲でお持ちいただければ結構です。


1.亡くなった方の名寄帳 又は 固定資産税の課税明細 (※必須)

  • 必ず最新年度のものをご準備ください。
  • 登記を申請する際に、登録免許税という税金を納める必要があり、税額の計算に使用します。
  • 名寄帳(なよせちょう)は、不動産の所在地の市町村役場の固定資産税課にて取得できます。米子市内の不動産であれば、米子市役所の固定資産税課へご相談ください。
  • 固定資産税が非課税のため固定資産税の課税明細通知書に掲載されない物件であっても、名寄帳には掲載されますので、こちらをお勧めしています。
  • 固定資産税の課税明細(各物件ごとの評価額が載っているもの)は、毎年4~5月に納税義務者に送られてくる通知です。市町村により名称が異なりますので、内容をご確認ください。




2.戸籍謄本・除籍謄本など

  • 亡くなった方の氏名、死亡日、本籍地などを確認します。お手元にあるものをできるだけお持ちください。




3.登記事項証明書(登記簿謄本)

  • 不動産の登記名義を確認します。法務局で発行してもらえます。準備が難しい場合は、当事務所でインターネット上から情報を取得する方法によることもできます。




4.その他

  • 権利証や親族関係に関する手書きのメモなど、参考になるものがあればお持ちください。