相続登記と固定資産税の納税者の届出

Q:土地と建物の名義人だった父が亡くなりました。市役所からの通知があったので、市役所で手続きを済ませました。これで不動産の相続手続きは完了ですか?

A:「固定資産税の納税者」と「登記名義人」は別々のものですので、お早めに相続登記をされることをお勧めします。

<コメント>
土地や建物の登記は、法務局が管轄しています。

また、固定資産税は、市町村が課税するもので、登記名義が移し終わっていなくても、相続人に対して課税されることになっています。

土地や建物の登記名義人が亡くなると、市町村役場から「相続人代表を届出てください」という内容の通知がきますが、法務局が「相続登記をしてください」ということはありません。

市町村で手続できるのは、固定資産税の納税義務者(納税管理者)についてだけです。

登記名義は別途法務局で相続登記の手続きをする必要がありますのでご注意ください。

※このことに気づかずに相続登記をしないまま長年経過し、いざ登記名義を動かそうとしても、相続人が多すぎて手続が進まないという事例が多くございますのでご注意ください。