被相続人(亡くなった人)名義の不動産の調査方法

Q:鳥取県米子市在住の父が亡くなり、相続登記をしようと思います。
父名義の不動産がどれだけあるのかはっきりしていません。どのように調べたらよいですか?

A:固定資産税納税通知書を参考にするか、お父様の名前で名寄帳を取得してみてください。
名寄帳は相続手続にあたって取得代行も行っていますのでご相談ください。

<コメント>
被相続人(亡くなった方)が米子市にお住まいだったということで、米子市内が主な調査対象になると思います。

固定資産税納税通知書は、毎年4~5月に納税者宛に送られてきますので、ご自宅にある可能性があります。

次に、名寄帳(なよせちょう)は、市町村役場で取得する必要がありますが、納税通知書と違って、固定資産税が非課税の物件も記載されますし、他の方と共有している物件(固定資産税の納税者が他の共有者であるなど)も発見できますので、こちらの方がより正確に把握できると思います。

また、固定資産税の納税通知が他市町村からも届いている場合は、他市町村の不動産も所有されておられる可能性がありますので、他市町村でも同じように調査してみるのがよいと思います。