相続登記に使用する戸籍に有効期限はありますか?

Q:相続登記を依頼するために戸籍を準備する必要があると聞きました。先代の相続登記の際に揃えた古い戸籍が残っていましたが、使用することはできますか?

A:はい、基本的には使用できます。但し、古すぎて劣化により読み取れない場合や、登記以外の手続きに使用する場合など、再取得が必要になることもあります。

<コメント>
相続登記を申請するには、相続関係を証明するために戸籍・除籍等を添付しなければなりません。

この場合添付する戸籍には、法律上は有効期限が設定されていません。

ただし、誰が相続人なのかということについては、相続開始の時点で判定されることとの関係上、相続開始の日よりも前の日付で取得された戸籍ではそれが証明できないため、新しい戸籍が必要になる場合があります。

また、預貯金の解約などで金融機関に提示する場合、「発行後6か月以内のもの」などの独自の制限が加えられることがあります。

相続手続全般に使いたいのであれば、新しいものを一式準備することをお勧めします。