自筆証書遺言は安いのか?

Q:自筆で作成する遺言であれば、費用をかけずに遺言ができると聞いたのですが?

A:費用だけに注目すれば、自筆証書遺言が最も安価です。しかし、その遺言が実際に効力を発揮するかどうかについては別問題と考えるべきです。

コメント

そもそも遺言は、遺言者が、全文・日付・氏名を自署し、押印すれば、有効に作成することができます(民法968条)。
極端に言えば、紙とペンと印鑑があれば、それ以外の費用はかかりません。
自筆証書遺言の最大のメリットはここにあります。
とりあえず遺言を作ってみようと思われる場合は、この自筆証書遺言の方法で問題ありません。

他方、自筆証書遺言には、一般に次のようなデメリットが指摘されます。
(自筆証書遺言によるデメリットの例)
・相続人に遺言が発見されない場合がある。
・文言が法的に不適切であるため、遺言の内容が実現できない。
・保管者による偽造・変造のおそれがある。
・家庭裁判所で検認手続きを経なければならない。

私が担当した事件でも、自筆証書遺言が登場する場合は、必ずと言っていいほど何かしらの問題点を含んでいます。

遺言を作成する目的は、多くの場合、遺産の争いを防止したり、相続手続きをスムーズにするためです。遺言の作成自体は安くお手軽だったとしても、内容が無効になったり、残された相続人にとって手続きや費用の負担が増すようなことでは、遺言を作成する意味がありません。

どの方法で遺言を残すべきかについては、やはり費用をかけてでも公正証書で作成されるのが一番だと思いますし、法務局で自筆証書遺言を保管する制度の利用も検討の余地があります。

遺言の作成にあたっては、その遺言を使う人のことも考える必要がある、という視点が大切だと思います。